前潟 孝行
九州支店工事部

前潟 孝行

TAKAYUKI MAEGATA
2007年入社
海と陸、両方の現場の面白さを経験。
個性豊かなメンバーで、チームをつくる!

入社の経緯と、現在の仕事内容を教えてください。

もともと土木工事、特に湾岸工事に興味があり、水上の構造物にも興味がありました。みらい建設工業は、大学の先輩方が所属していましたし、海上工事も陸上工事も得意とする会社でしたからどこか親近感があったんです。

現在は、九州の港の工事を現場所長として担当しています。今、政府の施策として、港湾工事にとても力を入れていますから、世の中的にも注目度が高い工事を任せていただいております。

入社したときはトンネル工事の現場に配属されて、そこから横浜の港、羽田空港の滑走路、東北の災害復旧、博多港の桟橋…など、全国各地の現場に携わっていました。現在手掛けている海上工事は機械が大きくて工事全体がダイナミックなところが何よりも魅力ですし、陸上工事は最先端の技術や測量のスキルを身につけることができます。「海と陸」のそれぞれの工事の面白さを経験できるのは、みらい建設工業ならではですね。

入社の経緯と、現在の仕事内容を教えてください。

職場にはどんな人が多いですか?

私たちの作業所は個性豊かな人が多くて、話をしていて面白いですね。ちょうど私が中間の年齢層で、先輩たちも後輩たちも和気あいあい、のびのび働いていると思います。

遊ぶときは遊ぶ。一方で仕事をするときはこだわりを持って積極的に取り組む人が多いので、メリハリのある雰囲気も好きです。長期間の工事ではトラブルがつきものですが、無事工事を終えたときはチームでやり遂げた達成感で苦労が報われた気持ちになりますね。

職場にはどんな人が多いですか?

後輩の育成で、心がけていることを教えてください。

一人一人性格も違えば得意不得意もありますが、向き合ってコミュニケーションをとるよう心がけています。社会人として必要なことや仕事に関することは、言いにくいことであっても伝えるようにしていますね。私のもとで同じ工事に携わっている間に、他の現場でも活躍できるスキルを身につけて育って欲しいので、理解してもらえるまでは何度も何度も伝えるよう心がけています。

厳しいことを言うときもありますが、基本的には仲良くいい雰囲気のなかで働いています。コミュニケーションが取れているからこそ、ともに言葉を掛け合い、人として成長しあえる風土があるのだと感じています。

後輩の育成で、心がけていることを教えてください。

みらい建設工業の最大の魅力は?

私自身、これまでに関東から東北、そして現在の九州とさまざまな地域で仕事をすることができました。やはり、全国に作業所があり、陸上工事と海上工事の両方を経験できる点は、みらい建設工業の大きな魅力です。

それに他の建設会社と比べてみても若いときから経験を積める会社です。この業界は、経験あってこそ取れる資格も多いので、若手のときから仕事をまかせてもらえて、責任ある仕事ができることが幸せだと感じています。

みらい建設工業の最大の魅力は?
WORK SCENE

作業風景

  • 私の仕事場。眺めがいいと思いませんか?仕事でもキレイな海を見るのは気分が晴れやかになります!

  • 八戸での工事の様子。雪国の作業員は本当に雪に強い!雪のなかでも作業は進みます。

  • 羽田空港の工事は、飛行機の離着陸のない時間帯の夜間作業で実施しました。

VIDEO INTERVIEW

インタビュー動画

TIME SCHEDULE
一日の仕事
7:30
出勤
8:00
朝礼
9:00
現場見回り
12:00
休憩
13:00
書類作成、施工管理
17:00
作業終了
17:30
協力会社打ち合わせ、退勤

採用に関するお問い合わせは、 みらい建設工業新卒採用LINE公式アカウントから

LINEアプリがインストールされたスマートフォンなどの携帯端末から「友だち追加」ボタンをクリックするか「QRコード」を読み取って、みらい建設工業新卒採用LINE公式アカウントを友だち追加してください。

LINEアプリがインストールされたスマートフォンなどの携帯端末から下の「友だち追加」ボタンをクリックして、みらい建設工業新卒採用LINE公式アカウントを友だち追加してください。

ENTRY

みらい建設工業に興味を持った方、 一緒にみらい建設工業で働きたいと思った方。
エントリーはこちらより受け付けています。

エントリー