髙谷 和希
九州支店工事部

髙谷 和希

KAZUKI TAKATANI
2017年入社
スケールの大きなものづくりを体験。
若手にチャンスがある会社。

みらい建設工業を選んだ理由は?

元々ものづくりが好きでした。就職を考えたときに、ものづくりのなかでも最もスケールの大きな「建設業界」に魅力を感じるようになりました。同じ学校の先輩もみらい建設工業で働いていたため、いろいろ話を聞いてみると「海と陸の両方の工事が経験できること」や、「若いうちからチャンスを与えてもらえること」を知り入社を決めました。

入社した頃は、どこの現場へ行っても初めての工事ばかりです。専門的な用語も飛び交うので、先輩たちが話している内容も理解できませんでした。それでも入社して早い段階から「とにかく挑戦してみろ」と上司から仕事を任せてもらえるので、想像していた以上の充実した毎日が送れています。

みらい建設工業を選んだ理由は?

どんな仕事をしていますか?

現在は、福岡県の三池港で航路の改良工事を行っています。海の現場は陸の現場に比べて天候に左右されやすく、港に大型船が入ってきたりするので、作業スケジュールを管理するのが結構大変です。その中で計画通りに作業が進んでいるときにはやりがいを感じますね。

また、何もなかった場所に自分が監督した構造物が少しずつ出来上がっていくところを間近に見られるところもやりがいのひとつ。完成したあとには、大変だったことも忘れてしまうくらい大きな達成感に浸れますよ!

どんな仕事をしていますか?

研修で教わったことは現場に活かされていますか?

みらい建設工業の研修は充実していて、入社後に半年研修と1年目研修、2年目と5年目にも研修があります。

2年目研修のとき、全国の工事現場で活躍する同期たちと再会しました。それぞれ「今どんな工事に携わっているか」など仕事の近況を発表したんですね。そのとき、自分が経験したことのない現場の話を聞き「そういう工事もあるんだ」と刺激を受けました。工事現場にはひとつとして同じものがありませんから、常に創意工夫をして新しい経験ができます。私自身も自分のやってきた仕事に誇りを持ち「仲間に負けないぞ!」という気持ちでチャレンジしようと、改めて初心に帰りました。

研修で教わったことは現場に活かされていますか?

職場にはどんな人が多いですか?

明るくて気さくな人が多いです。若い人が多いので話しやすいですし、どんなことでも相談しやすい環境です。また、職場にいる作業員全員が「いいものを作ろう!」というやる気のある人ばかり。みんながポジティブな意見を出し合って業務を行っており、私たち若手の意見にも耳を傾けて取り入れてくれます。

近々、「1級土木施工管理技士」の資格試験に挑戦する予定です。職場の先輩や協力会社の方々が支えてくれるこの現場で経験を積み、合格を目指してがんばります!

職場にはどんな人が多いですか?
WORK SCENE

作業風景

  • 現場では無線を使ってリアルタイムで船の航路を調整しています。どこへ行くにも無線と一緒なんですよ(笑)

  • 二人一組で何をしているところに見えますか? これは重りを付けた長い紐を海中に垂らして水深を計測しているところです。アナログですが、確実に深さが分かります。

  • 熱いハートを持った、チームのメンバーです。仕事の話もプライベートの話も何でもできる大好きな仲間たち。

VIDEO INTERVIEW

インタビュー動画

TIME SCHEDULE
一日の仕事
8:00
出勤
8:10
運航会社打ち合わせ
8:30
朝礼
9:00
現場見回り
12:00
休憩
13:00
書類作成
14:00
運航会社打ち合わせ
14:30
現場見回り
16:00
書類作成
17:00
協力会社打ち合わせ、退勤

採用に関するお問い合わせは、 みらい建設工業新卒採用LINE公式アカウントから

LINEアプリがインストールされたスマートフォンなどの携帯端末から「友だち追加」ボタンをクリックするか「QRコード」を読み取って、みらい建設工業新卒採用LINE公式アカウントを友だち追加してください。

LINEアプリがインストールされたスマートフォンなどの携帯端末から下の「友だち追加」ボタンをクリックして、みらい建設工業新卒採用LINE公式アカウントを友だち追加してください。

ENTRY

みらい建設工業に興味を持った方、 一緒にみらい建設工業で働きたいと思った方。
エントリーはこちらより受け付けています。

エントリー