吉谷 直樹
大阪支店工事部 所長

吉谷 直樹

NAOKI YOSHITANI
1989年入社
想定外の問題を創意工夫で乗り越える。
「日本の経済を支える」誇りを感じられる仕事。

どんなときにやりがいを感じますか?

現在は、高速道路工事の現場の所長として、役所、発注者、地元の方々と交渉を重ね、調整をしながら工事を進めています。大きな土木工事は、関わる方もたくさんいますし、自然を相手に行う仕事なので、突然トラブルに見舞われることもあります。困難に直面したときこそ、どうやってその問題をクリアしていくかを考え、問題が解決できたときにとてもやりがいを感じます。

私たちが行う工事は、日本の社会基盤を作る仕事でもあります。日本の発展を支えるという誇りを持てる仕事だと思っています。

どんなときにやりがいを感じますか?

職場にはどんな人が多いですか? また、どんな人がこの仕事に向いていると思いますか?

アットホームな職場なので、上司とも話しやすく、相談もしやすい環境です。この仕事は一つ間違えば、完成しませんし、危険が伴いますから、「わかったつもり」では従事できません。若手社員に指導するときは、難しい用語を使うのではなく、みんなが理解出来るような説明を心がけています。

また、この仕事は、いろんな人とやり取りをするので、コミュニケーションが大切です。スムーズに工事を遂行させるためにはコミュニケーション能力の高い人がベターでしょう。物事を前向きに捉えて、日々成長しようと思える人にはいい職場だと思います。

職場にはどんな人が多いですか? また、どんな人がこの仕事に向いていると思いますか?

みらい建設工業の最大の魅力は?

海上土木がメインの会社ですが陸上土木も行うので、入社してからいろいろな現場にチャレンジできることや、幅広い選択肢があるのも当社の魅力の一つでもあります。

また、当社では国土交通省が発注する大規模なプロジェクトに携われることが多々あります。地図に残り、未来につながる大きな構造物を作れることもみらい建設工業で働く大きな魅力です。誇りを持って仕事ができる環境は、土木の仕事に携わる人にとって憧れの場所ではないでしょうか。

みらい建設工業の最大の魅力は?

就活中の学生に向けてメッセージをお願いします。

風通しもよく、アットホームな雰囲気です。長年働いていますが、福利厚生も待遇も私は満足しています!
そして日本の経済成長を担う仕事でもあります。
高速道路など自分が作った道路を、家族を連れて車で走るというのもロマンがありませんか?
航空写真などで検索して、自分が作った橋や道路を見てみるのも粋だと思いませんか?
みらい建設工業にはその可能性が大いにあります。

これまで私たちが作ってきた道路によって地域が発展していくところを見ると、この仕事に誇りを感じます。ぜひ、一緒に働いていきましょう!

就活中の学生に向けてメッセージをお願いします。
WORK SCENE

作業風景

  • 事務スタッフとの打ち合わせの様子。工事を支えてくれる内勤のスタッフとも毎日情報共有しています。

  • 責任者になると、会社内での業務がたくさんあります。天気に左右される仕事ですから、この時は天気図を眺めて工事のスケジュールを立て直していました。

  • 現在担当している工事現場は、硬い地盤を崩す際にダイナマイトを使うことも。ダイナミックな規模感で工事ができることは、みらい建設工業の最大の魅力です。

VIDEO INTERVIEW

インタビュー動画

TIME SCHEDULE
一日の仕事
8:00
出勤、朝礼
9:00
現場見回り
11:00
発注者との打ち合わせ
12:00
休憩
13:00
協力業者と翌日の打ち合わせ
14:00
書類業務
18:00
夕礼、退勤

採用に関するお問い合わせは、 みらい建設工業新卒採用LINE公式アカウントから

LINEアプリがインストールされたスマートフォンなどの携帯端末から「友だち追加」ボタンをクリックするか「QRコード」を読み取って、みらい建設工業新卒採用LINE公式アカウントを友だち追加してください。

LINEアプリがインストールされたスマートフォンなどの携帯端末から下の「友だち追加」ボタンをクリックして、みらい建設工業新卒採用LINE公式アカウントを友だち追加してください。

ENTRY

みらい建設工業に興味を持った方、 一緒にみらい建設工業で働きたいと思った方。
エントリーはこちらより受け付けています。

エントリー