上田 浩二
大阪支店工事部

上田 浩二

KOJI UEDA
2003年入社
上司や先輩が話しかけやすい雰囲気をつくってくれる。

みらい建設工業に入社した理由は?

高校生のとき、文系に進むか、理系に進むか選択をする時期がありました。ちょうど土木工事に興味を持ち始めたときでしたので、理系に進んで、土木専攻の大学に入りました。専門的な勉強を深めていくうちに「この道に進むなら、陸上も海上も両方の工事に携われる会社に入りたい」と思ったのがきっかけです。

実際、陸上工事には海上工事では得られないものがありますし、海上工事は陸上工事ではできない超大型工事がありますので、両方経験できるという面ではこの会社に入社してよかったと思える点です。

みらい建設工業に入社した理由は?

入社して苦労したことは?

会社、現場ともに年齢層が幅広く、正直、入社当初はどうコミュニケーションを取ったらいいのかわからず一苦労しました。特に、私の父親世代の人たちと仕事をする機会が多かったので、少しずつ雑談を交えながら、距離を縮めていくように心がけました。

時代と共にみらい建設工業の社風もより風通しのいい環境に変わっていきました。今は、若手社員もどんどん意見を言いやすい雰囲気があり、私たち先輩社員もフレッシュな若手の考え方に学びを得ることも多くあります。会社の上司との距離も近く、アットホームな雰囲気です。

入社して苦労したことは?

みらい建設工業に入ってよかったと思う点は?

入社後は充実した研修が待っています。大きな現場も多い分、正しい専門知識が着実に身に付いていきます。現在は、コンクリート診断士の資格にチャレンジ中で本社の技術部で講習を受けています。将来的には技術士を取得したいと思っています。そうやって前向きにチャレンジできる環境も、この会社に入ってよかったと思う点です。

後は、なんと言っても工事が完了した時の達成感は最高ですね。上司や発注者の方に労いや感謝の言葉をかけていただくこともあり、この仕事をしてよかったなと思う瞬間でもあります。

みらい建設工業に入ってよかったと思う点は?

最後に就活中の学生に向けて、メッセージをお願いします。

私たちみらい建設工業の仕事は地図に残るものがつくれる仕事です。自分たちが作った橋脚の上に、道路が開通した時の感動を今でも覚えています。工事の仕事は思い通りにならないこともあって、体力的にも大変なときもありますが、みらい建設工業では社員に対する待遇、福利厚生ともに充実しているので、職場としてはとても恵まれた環境です。 ぜひ一緒に工事を完了させたときの喜びを味わってみてください!

最後に就活中の学生に向けて、メッセージをお願いします。
WORK SCENE

作業風景

  • 工事現場に到着してヘルメットをかぶると、やっぱり気持ちのスイッチが入ります。イレギュラーなことが起きていないか、どうやって工事を進めていくか、仲間と密にコミュニケーションをとりながら進めていきます。

  • 現在工事しているものは「仮橋」といって、工事車両が現場に向かうために使う「鉄骨の橋」を造っています。この橋はいずれ解体してしまうものですが、安全に、そして工事のしやすい環境を何年間も担保するため、がっちりとできているんですよ。

  • 事務所にいるときはパソコンを使った仕事がメインです。たくさんのモニターを見ながら、工程管理や作業人員の管理、図面のチェックなどを行っています。

VIDEO INTERVIEW

インタビュー動画

TIME SCHEDULE
一日の仕事
8:00
出勤、朝礼
8:00
現場点検
9:00
発注者提出書類、打ち合わせ書類の作成
12:00
休憩
13:00
協力業者と翌日の打ち合わせ
14:00
発注者提出書類・打ち合わせ書類の作成
16:00
現場点検
18:00
夕礼、退勤

採用に関するお問い合わせは、 みらい建設工業新卒採用LINE公式アカウントから

LINEアプリがインストールされたスマートフォンなどの携帯端末から「友だち追加」ボタンをクリックするか「QRコード」を読み取って、みらい建設工業新卒採用LINE公式アカウントを友だち追加してください。

LINEアプリがインストールされたスマートフォンなどの携帯端末から下の「友だち追加」ボタンをクリックして、みらい建設工業新卒採用LINE公式アカウントを友だち追加してください。

ENTRY

みらい建設工業に興味を持った方、 一緒にみらい建設工業で働きたいと思った方。
エントリーはこちらより受け付けています。

エントリー