Woman’s Voice

私たちが等身大の女性現場監督です!

「女性現場監督ってどんな雰囲気で働いているの?」。そんな質問が頻繁に寄せられます。
そこで、当社で活躍する女性現場監督2名に、等身大でシゴトを語ってもらいました。
もしかしたら、これまでのイメージにはなかった意外な一面が見えてくるかも…?

PROFILE

プロフィール

  • 塩野谷 咲希

    塩野谷 咲希

    東京支店工事部 2017年入社

    当社に入社後、港湾工事と陸上工事の現場監督を担当。「男性も女性も補い合うこと」をモットーに女性技術職として邁進中! 女性技術職のなかではちょっぴりお姉さん的存在です。

  • 滝野澤 朱里

    滝野澤 朱里

    東北支店工事部 2018年入社

    高専出身。土木建設について学校で学んで入社した女性技術職。入社後は八戸の港湾工事を担当。小柄ですが、大型の作業船に乗船し、施工管理の仕事をしています。

現場監督はデスクワークと外仕事のバランスがちょうどいい!

—まだまだ男性現場監督が多いなか、女性としてこの仕事を選んだきっかけは?
塩野谷 咲希

まず、私の場合ですが男性・女性の違いは考えて仕事を選んでいませんでしたね。学生のとき、環境保全保護活動の一環として造園の勉強をしていました。ですので就職活動のときは、お花屋さんとか植物に関わる仕事にエントリーしていたんです。本音を話すと、建設業はほとんど目にも入らないような状況でした(笑)。
でも、建設業って意外と「環境保全」を掲げているじゃないですか。環境に関わる仕事ができるなら…、と思い、当社も受けてみたんです。そしたらトントン拍子に内定をもらって、今に至ります。

滝野澤 朱里

私は高専出身で女性の卒業生が当社に入社していて、いい噂ばかりを聞いていたんです。そういったポジティブな印象が土台にあって、学校説明会で人事の方が来たときに「優しそう」と思って入社を考えました。採用試験でSPIも受けたのですが、結果はどうだったのか、正直自信はありません(笑)。

塩野谷 咲希

「人事が優しそうだから入社した」っていう理由は私も当てはまるなぁ。仕事の内容よりも、働く環境を重視していたから入社を決めたっていうのはあります。

—現場監督の仕事について、入社前・入社後のギャップはありませんでしたか?
塩野谷 咲希

ギャップといえば、デスクワークが案外多いところでしょうか。発注者に提出する書類が多いので、想像していたよりも長時間パソコンに向かっていますね。

滝野澤 朱里

塩野谷さん、業界用語に驚くことはなかったですか? 「ネコ」「タコ」「オカメ」…と、何のことかわかりませんでしたもん! 「モンキー」もわからなかったですね。
船員さんたちに、「モンキー持ってきて」って言われて、「サルはいません!」って大きな声で返答したら、「違う~~~~!」ってツッコミがはいりました。モンキーレンチという工具のことを知らなかったもので。

塩野谷 咲希

それ、新人あるあるかもしれない(笑)。

滝野澤 朱里

失敗しても、間違えても、「まぁ仕方ないなぁ」くらいの感じで接してくれるのがありがたいですよね。

  • ネコ

    工事現場で土などを運ぶときに利用する一輪車が「ネコ」です。逆さに置くと、ネコが伸びをしているポーズに似ているからそう呼ばれているのだとか。

  • タコ

    土を固めるために使われる道具が「タコ」。魚介類のタコを逆さにした形に似ているからそう呼ばれているらしいです。

  • オカメ

    「おかめさん」の顔に似ているから、「オカメ」と呼ばれているコテ。形からそのままネーミングされているものが多くて連想ゲームみたい!

  • モンキー

    モンキーレンチはこんなフォルムの工具です。見たことがあるけれど名前が分からないものがいっぱい。

女性現場監督ならではのコミュニケーション術とは?

—協力会社の方たちとはどのようにコミュニケーションをとっていますか?
塩野谷 咲希

本音を話すと、はじめは怖かったんです(笑)。
特に東北地方は方言がキツくて、聞き取ることさえ難しかったです。日本語にも関わらず、3回くらい聞きなおして「もういい!」と言われたこともあります。「…すみません!」って言ってもう1回話してもらうんですけどね。でも、現地で働いていれば自然と慣れるから大丈夫ですよ。笑顔でコミュニケーションがとれればその辺は問題ないと思う。

滝野澤 朱里

私も八戸の方言は聞き取りにくかったです。私自身、北海道出身で八戸とは割と近いんですよね。知らず知らずのうちに北海道の方言を使っていたら私の言葉も通じなくて「お互い様だね」って笑ったことが何回もあります。
そうだ、塩野谷さんには「バレンタインデーのレジェンド」があるんですよ!

塩野谷 咲希

それは…、えっと何だろう?(笑)

塩野谷 咲希

わかった。バレンタインに、みんなにチョコレートを配った話かな。
バレンタインのときに「スーパー」で売っている手ごろなチョコレートをプレゼントしました。ところがホワイトデーには「デパート」で売っているような高級チョコレートが何十個も返ってきたんです。あのときは期待していなかっただけに、すっごく嬉しかった♪

滝野澤 朱里

ふふふ、塩野谷さんのレジェンドは、それをたった1週間でペロっと平らげたところですよ(笑)

男女の差は「補い合うこと」がポイントに

—女性現場監督として「本当は気になっているところ」はありますか?
滝野澤 朱里

重たいものを持つのは若手がやったほうがいい仕事なのに、力持ちの男性上司が持ってくれることがほとんど。そういうときは申し訳ないなって思います。

塩野谷 咲希

私もこの仕事に就いたばかりのときは、力の差には悩んだけれど、自分ができることを率先して取り組めば問題ないと思うようになりました。現場監督の仕事は「補い合うこと」ができますから。

—女性現場監督ならではの強みはありますか?
塩野谷 咲希

書類関係の仕事はなるべく任せてもらって、「自分の仕事」として完了できるようにしています。あとは工事現場の近隣とのコミュニケーションも女性の方が「話しかけやすい」っていうのはあるかも。
私が現場で仕事をしていると、「何やっているの?」と話しかけてもらえ、結果的に現場理解につながりますから。前に担当した現場では、近隣の自治会の方たちに誘われて、みんなでお花見に参加したこともありました。

滝野澤 朱里

現場や書類の整理整頓は比較的女性の方が得意なのかもしれません。
資材の仕分けができていないとイラっとしちゃうので、気づいたときにキレイにするのを心掛けています。几帳面なのは性格も関係しているかもしれませんが、片付いた現場は誰だって気持ちがいいものですからね。

塩野谷 咲希

仕事の内容については、特に男女の差はないですが体力的な差はある。
だから、やっぱり「補い合うこと」が大事ですね。

女性ならではの美容やファッションについて聞いてみました!

—気になる美容対策。気を付けていることはありますか?
滝野澤 朱里

「日焼け対策」は絶対ですね。海の上は日陰がないから、日焼け止め情報には随分と詳しくなりました。ドラッグストアに行くと一年中本当にたくさんの日焼け止めが並んでいますよね。
使用感がサラサラだったり、ひんやりしている「マイナス5℃体感」のものだったりと、あれこれ選べますよ。
私のおすすめはSPF50以上でマイナス5℃体感のもの。
SPFが30程度ですと、毎日外仕事の現場監督にとったら「水」と同じですから気を付けてくださいね!

塩野谷 咲希

あはは、滝野澤さんは美容ライター並みに詳しい…(笑)!
現場に行くときにメイクしていると汗でドロドロになっちゃうから、素顔に日焼け止めを塗るだけにしています。汗をかいたらタオルで拭いて、お昼休みに一度洗顔してさっぱりしてからまた塗っています。一日何回塗りなおすんだろう…?
体を動かして汗をかいているから、新陳代謝のよさも美容対策のひとつかもしれません。

—日焼けといえば、ヘルメットのあごひもも気になりそうです。
塩野谷 咲希

最近は女性に合わせたサイズのヘルメットがあるんですよ。
ヘルメットの内径が小さめであごひもが透明なタイプです。あのヘルメットいいですよね。
あごひもが透明でビニールのような素材でできているので、そこまで日焼けの跡がつきません。

滝野澤 朱里

ヘルメットはあごひもよりも髪にクセがつくのが難点なんですよ…。
私は襟足のところにクセがつかないように、あえて襟足を刈り込んだショートカットにしています。

塩野谷 咲希

ヘルメットは命を守る道具だから被らないわけにはいかないし、私は髪が長いんですけど、ひとつにまとめていると、いくらか目立たないかなって思います。

「みらい小町の会」で女性社員ならではの思いをシェア

—女性同士で情報交換するタイミングはありますか?
塩野谷 咲希

2019年の夏から、「みらい小町の会」と名付けられた女性総合職の“交流の場”ができました。
「みらい小町の会」の「小町」というのは、建設業で働くすべての女性のことを「けんせつ小町」と呼んでいるので、そこから名付けられたようです。

滝野澤 朱里

私もこの取り組みはいい気分転換になっています。
会社には言いにくい女性ならではの悩みを打ち明けられますもんね。

塩野谷 咲希

離れた現場の女性社員とも話すことができ、1人で悩まなくても良いのでありがたいです。

滝野澤 朱里

いまは半年に1回のペースだけど、オンライン「みらい小町の会」などで回数多くしても楽しいかも! これも提案してみましょう。

学生に向けてメッセージ

—それでは最後に、女性技術職を考えている学生に向けてメッセージをお願いいたします。
滝野澤 朱里

工事現場の仕事には「3K」のイメージがついて回ってしまいます。そのイメージは完全に抜けることはないと思いますし、私自身もそのように思っていました。でも、働いてみたらイメージと違ったんです。
制服はいつでも新品のものを貸与してもらえますし、トイレや更衣室は女性専用のところを使わせてもらっているので安心してくださいね。

塩野谷 咲希

女性の数自体は少ない仕事ですが、男女の仕事内容は同じです。体力の面では助けてもらうことが多いかと思いますが、その分自分の得意な何か?を見つけて補っていけば問題ないです。
技術職は経験を積みながら自分の能力を活かし、そして周りに認めてもらいやすい仕事です。気になる方はぜひインターンや説明会に来てみてください。


採用に関するお問い合わせは、 みらい建設工業新卒採用LINE公式アカウントから

LINEアプリがインストールされたスマートフォンなどの携帯端末から「友だち追加」ボタンをクリックするか「QRコード」を読み取って、みらい建設工業新卒採用LINE公式アカウントを友だち追加してください。

LINEアプリがインストールされたスマートフォンなどの携帯端末から下の「友だち追加」ボタンをクリックして、みらい建設工業新卒採用LINE公式アカウントを友だち追加してください。

ENTRY

みらい建設工業に興味を持った方、 一緒にみらい建設工業で働きたいと思った方。
エントリーはこちらより受け付けています。

エントリー