亀井 泰裕

北海道支店工事部
2012年入社

インフラの整備や防災の工事など、
私たちが社会の基盤を築き上げる

みらい建設工業への入社を決めた理由は?

私は工業大学の土木科を専攻していました。ちょうど就職活動をする1年前に、東日本大震災が発災し、土木の知識を活かせるならと災害復旧工事に携わる仕事に就こうと決めました。

みらい建設工業は港湾工事に強い会社です。港湾工事というと、災害復旧工事においても真っ先に注力すべき部分ですから、自分の使命が全うできるかもしれないと感じました。入社して初めて配属された現場が、東日本大震災の復旧工事で堤防の工事でしたのでとても印象深いです。

どのような仕事をしていますか?

現在は、北海道で軟弱地盤上での盛土工事を行っています。河川が氾濫したときに、水の逃げ場がないといけませんから、その水の逃げ場となる遊水池を作っています。軟弱地盤上での工事は、盛土のスピード管理が大切です。早すぎず、かといって遅すぎない時間で盛土を行えるように土量管理と工程管理を行っています。作業の効率化を図り、成功したときにやりがいを感じます。

仕事を行う上で、大切にしていることを教えてください。

現場監督として感じることは、言葉の掛け方ひとつで作業員の動きが変わることがあります。ちょっとした細かい部分で問題が生じることもありますので、作業員一人ひとりの個性に合わせて言葉掛けを意識するようになりました。

現場を重ねることに、自分自身の成長を感じます。とにかく今は目の前の仕事を着実にこなし、急がずに一歩ずつ技術や知識を高めていきたいと思っています。

最後に就活中の学生に向けてメッセージをお願いします。

みらい建設工業の仕事は人命や財産を守る大変重要な仕事です。社会にとって欠かせない存在であり、社会貢献度の高い、誇りの持てる会社です。

また、自身の頑張りと結果次第では、重要な役割を与えられ、ある程度自由に仕事ができるので、どんどんチャレンジしていくことができます。支店や本社のサポートもしっかりしていて大手ゼネコンにはない細やかさが魅力的ですよ。

Work Scene

北海道の広い平野に遊水池をつくる現場です。海には海の良さがありますが、やはり陸上の工事もダイナミックでやりがいがあります。

測量は現場監督の仕事のなかでも大切な仕事です。ミリ単位の調整が必要なときもあるので、慎重に行います。

事務所内での仕事の様子。パソコンとモニターが私の仕事の相棒です。ちなみに私のデスクの背後にあるのは現場の観察モニターですよ。

Schedule

亀井 泰裕
北海道支店工事部
2012年入社
8:00 出勤、朝礼現場見回り
9:00 動態観測(測量)
10:00 動態観測データチェック・管理
11:00 現場見回り
12:00 休憩
13:00 作業打ち合わせ、工程管理、数量管理
14:00 翌日以降の作業の準備
17:00 退勤

Woman's Voice

働き⽅改⾰、⽇々進⾏中!
みらい建設⼯業の⼥性の働き⽅とは?

About Coworker仲間を知る

みらい建設工業で働く16人の仲間たちに、
仕事のやりがいや、日常生活について語ってもらいました。

伊藤 花恵

MF事業本部工事部
2016年入社

関谷 桃子

中国支店工事部
2015年入社

横山 幹央

九州支店工事部
2013年入社

畠山 貴之

東京支店工事部
2012年入社

亀井 泰裕

北海道支店工事部
2012年入社

鈴木 崇史

大阪支店工事部
2011年入社

前潟 孝之

九州支店工事部
2007年入社

丸川 貴之

東京支店工事部 所長
1991年入社

中畑 亮一

MF事業本部工事部 所長
1989年入社

東田 将徳

東京支店工事部 所長
1983年入社

野村 信二

九州支店工事部 所長
1981年入社

山本 隆信

技術本部技術部 課長代理
1999年入社

中島 吉近

営業本部営業統括部 課長
1995年入社

小島 栄

東京支店営業部 課長
1993年入社

長谷川 茉侑

管理本部総務部
2017年入社

青塚 純平

管理本部経理部
2015年入社

ENTRY

エントリー

みらい建設工業に興味を持たれた方、一緒にみらいで働きたいと思った方
エントリーはこちらより受け付けています。