野村 信二

九州支店工事部 所長
1981年入社

若手が失敗を恐れず、
自発的に取り組めるよう
強力にバックアップします!

どのような仕事をしていますか?

私は、九州支店の工事部にて、統括安全衛生責任者(作業所長)として工事全般の管理を担当しています。私は、当社に入社して以来ずっと現場一筋!日本全国、あらゆるところで工事を経験いたしました。

現在は鹿児島県の西側に位置する志布志港で防波堤をつくっています。朝は交通船で防波堤に渡り、工事現場の見回りや指導をする毎日です。

後輩の育成で、心がけていることを教えてください。

私も気が付けばアラフィフです。部下が早く一人前になれるよう、私がこれまで培ってきたノウハウを現場のなかで教えていくことが使命だと思っています。若い子たちはパソコンの扱いには慣れていますが、現場は現場でしか分からないことだらけです。現場を一から十まで勉強し、協力会社としっかり打ち合わせしながら、工事に取り組むよう伝えています。

そのために、失敗を恐れずに取り組んでもらうためのフォローは欠かせません。自分勝手な判断で失敗した時が一番怖いので、とにかく何でも相談してもらえる雰囲気づくりを心がけています。

職場はどんな雰囲気ですか?

仕事には厳しく、プライベートでは優しい方が多いですよ。私自身、意思疎通のできる明るい現場を目指し、年齢問わず気を遣わず意見を言い合える仲間だと感じています。

みらい建設工業の最大の魅力は?

海と関わる仕事というのは、自然条件が厳しく工事の工程管理をしっかりする必要がありますが、九州の海は水深20mで作業する潜水士の姿が見えるほど、特にキレイなんです。キレイな海を眺めながら仕事ができることも魅力の一つです。

また、一つのところにこだわらずにいろいろなところへ行って経験することが人間を一番大きくすることだと感じています。建設業界は若手を歓迎していて、日本全国いろいろな現場を経験できるのも楽しいことです。オフの日はその地域ごとの観光名所に行き、ちょっとした旅行気分も味わえるのは、この仕事の役得ですね。

Work Scene

博多港での岸壁改良工事の様子です。大型クルーズ船を背に、さらに大きな大型クルーズ船が着岸できる岸壁を築造しています。

四日市港干潟で地元環境保護団体と一般の参加者と一緒に、現場近くの生き物調査に参加している様子です。環境への意識もこの仕事には大切なんですよ。

四日市港臨港道路での橋脚基礎の鋼管井筒、鋼管杭を打設している様子です。河川に盛土をし、大型クレーンで鋼管杭を打設中です。

Schedule

野村 信二
九州支店工事部 所長
1981年入社
8:00 出勤、朝礼後現場へ移動
9:00 現場巡回、測量等
10:00 書類作成、発注者と打ち合わせ
11:00 書類作成
12:00 休憩
13:00 作業打ち合わせ
14:00 書類作成、発注者との打ち合わせ
15:00 現場巡回
16:00 書類作成
17:00 職員での打ち合わせ、退勤

Woman's Voice

働き⽅改⾰、⽇々進⾏中!
みらい建設⼯業の⼥性の働き⽅とは?

About Coworker仲間を知る

みらい建設工業で働く16人の仲間たちに、
仕事のやりがいや、日常生活について語ってもらいました。

伊藤 花恵

MF事業本部工事部
2016年入社

関谷 桃子

中国支店工事部
2015年入社

横山 幹央

九州支店工事部
2013年入社

畠山 貴之

東京支店工事部
2012年入社

亀井 泰裕

北海道支店工事部
2012年入社

鈴木 崇史

大阪支店工事部
2011年入社

前潟 孝之

九州支店工事部
2007年入社

丸川 貴之

東京支店工事部 所長
1991年入社

中畑 亮一

MF事業本部工事部 所長
1989年入社

東田 将徳

東京支店工事部 所長
1983年入社

野村 信二

九州支店工事部 所長
1981年入社

山本 隆信

技術本部技術部 課長代理
1999年入社

中島 吉近

営業本部営業統括部 課長
1995年入社

小島 栄

東京支店営業部 課長
1993年入社

長谷川 茉侑

管理本部総務部
2017年入社

青塚 純平

管理本部経理部
2015年入社

ENTRY

エントリー

みらい建設工業に興味を持たれた方、一緒にみらいで働きたいと思った方
エントリーはこちらより受け付けています。