青塚 純平

管理本部経理部
2015年入社

若手にどんどんチャンスが与えられる会社。
アットホーム、かつ、向上心を培える環境です

どのような仕事をしていますか?

伝票の確認作業と、税務申告の資料作成を行っています。伝票の確認作業は勘定科目の妥当性、費用を負担する部門が正しいか、伝票の金額が合っているかなどを確認します。税務申告は国や地方自治体が定める期日に合わせて資料を作成し提出ます。

細かく、複雑に感じる学生もいるかもしれませんが、経理を担当していると、会社の動きが数字を通して見えてきます。建設業は扱う金額も大きいですし、取引先業者が多くありますので仕事内容はシンプルではありません。しかし、その分、仕事後の達成感は大きいです。

入社してから成長したことは?

業務を通じて「伝える力」が身につきました。入社当時、自分の考えを伝えることの難しさを感じました。経理の仕事に「たぶん…」「おそらく…」といった曖昧な言葉は通用しません。自分の出した正しい数字の説明を上司に意見する場面もありますから、根拠のある情報や数値を見つけ出し、自分の意見に確実性を持たせることが求められます。

目上の方も多いので、どういった言葉を使って、どの順序で説明すれば理解してもらえるのかと考えるため、入社当時と比べ「伝える力」はずいぶん成長しています。同じチームの先輩方も理解しようと歩み寄ってくれますし、こちらも真剣に向き合うので、いつの間にかロジカルに説明できるようになっています。

今後の目標を教えてください。

目標は、「会社の利益に貢献できる仕事をする!」です。もともと私がこの仕事に就いたのは、空港・港・高速道路と海から陸までの幅広い工事に携わって、仕事の成果が形になって地図に残る部分に惹かれていたからです。これまで経理で学んだ知識を活かしながら、もっと現場に近づいた仕事にも取り組んでいきたいですね。

みらい建設工業の最大の魅力は?

技術職でも事務職でも、若手にチャンスが与えられる会社です。大きな仕事を任せられると責任も大きいですが、困ったときには必ず誰かが助けてくれる社風があります。競争を煽られることもなく、社員同士協力し合いながら自分のペースで成長できます。アットホームな会社ですが、馴れ合いではなく、みんなで上を目指していける環境が魅力ですね。

Work Scene

2016年はさまざまな申告書へマイナンバーの記載が義務化され、私が社内外の膨大なやりとりを担当。申告を終えた後の達成感は忘れられません!

打ち合わせの様子。事務職の若手職員は、毎日顔を合わせるかけがえのない仲間たちです。

年に1~2回は、現場に出向く機会があります。実際に仕事を行うのは技術職ですが、仕事の概要は技術職だけでなく、私たち事務職も体験して理解するように努めています。

Schedule

青塚 純平
管理本部経理部
2015年入社
8:30 出勤、メール・スケジュールを確認
9:00 勘定残高のチェック
10:00 各担当者へ内容確認・作業依頼
11:00 各種伝票の起票・確認作業
12:00 休憩
13:00 引き続き各種伝票の起票・確認作業
14:00 資料作成
17:30 翌日の仕事確認、退勤

Woman's Voice

働き⽅改⾰、⽇々進⾏中!
みらい建設⼯業の⼥性の働き⽅とは?

About Coworker仲間を知る

みらい建設工業で働く16人の仲間たちに、
仕事のやりがいや、日常生活について語ってもらいました。

伊藤 花恵

MF事業本部工事部
2016年入社

関谷 桃子

中国支店工事部
2015年入社

横山 幹央

九州支店工事部
2013年入社

畠山 貴之

東京支店工事部
2012年入社

亀井 泰裕

北海道支店工事部
2012年入社

鈴木 崇史

大阪支店工事部
2011年入社

前潟 孝之

九州支店工事部
2007年入社

丸川 貴之

東京支店工事部 所長
1991年入社

中畑 亮一

MF事業本部工事部 所長
1989年入社

東田 将徳

東京支店工事部 所長
1983年入社

野村 信二

九州支店工事部 所長
1981年入社

山本 隆信

技術本部技術部 課長代理
1999年入社

中島 吉近

営業本部営業統括部 課長
1995年入社

小島 栄

東京支店営業部 課長
1993年入社

長谷川 茉侑

管理本部総務部
2017年入社

青塚 純平

管理本部経理部
2015年入社

ENTRY

エントリー

みらい建設工業に興味を持たれた方、一緒にみらいで働きたいと思った方
エントリーはこちらより受け付けています。