トップメッセージTOP MESSAGE

日本の“みらい”を
つくる仕事。

街を守り、街をつくる。
自然と共生する“みらい”の建設業へ

みらい建設工業株式会社
代表取締役社長 小西 武

みらい建設工業の使命

国土と国民の命を守り、
暮らしの基盤を築きます

建設業は、日本のGDPの約1割を占め、国内最大の産業として成長しました。建設業界は、約50万社もの企業から成り、就業人口は約500万人にものぼります。建設業界の景気を考えると、国内建設市場は好景気が継続する見通しです。

そのようななかで、みらい建設工業には二つの使命があります。

一つ目は、国土と国民の命を守ることです。海に囲まれ、地震が多い日本では、防波堤などの港湾工事が国土を守る大きな役割を担っています。港湾施設の整備工事は、災害から守ることはもちろん、外国からの船舶が係留するためにも必要不可欠な工事です。これまでも、これからも、わが国の永続的基幹産業として発展していきます。

二つ目は、事業を通して社会貢献することです。建設業は、港湾、空港、高速道路、そして住宅や公園など、人々が安心して生活できる、暮らしの基盤を築いています。

学生に向けてメッセージ

自然と共生するマリンコンストラクターとして

私たちは、地上の建物を建てる建設会社とは異なり、日本の国土を守る建設会社「マリンコンストラクター」です。日本は海に囲まれた国ですから、昔から自然と共存してきた歴史があります。自然災害に強い防波堤の建設や、利便性の高い港湾施設など多くの実績を残してきました。

自然を相手にしている事業のために、潮の流れや波、そして潮の干満差など地上の現場にない気象条件が加わります。ふたつと同じ現場はないので大変なこともありますが、それらをはるかに上回る達成感と街を守るというやりがいがあります。

これからは自然と共生するための技術革新もスピード感をもって取り組み、環境保全のための事業も展開していきます。

学生のみなさん。通称「マリコン」と呼ばれる私たちのような仕事もあることを知っていただき、そして私たちの会社に興味を持っていただけたら幸いです。

ENTRY

エントリー

みらい建設工業に興味を持たれた方、一緒にみらいで働きたいと思った方
エントリーはこちらより受け付けています。